nifmo(ニフモ)の通信速度を実測してみました

nifmo(ニフモ)の通信速度を実測してみました

格安スマホnifmo(ニフモ)の料金とそのプラン内容

格安スマホの中でもとりわけその品質の高さに定評があるnifmo(ニフモ)、通信の際にはドコモ回線を使用しているので、全国各地、大抵の地域で利用していくことができます。
nifmo(ニフモ)のSIMカードはデータ通信専用のものであれば3つの商品から選んでいくことができます。まず、比較的ネット回線を使用しないという人であればもっともその通信容量の少ない3GBプランです。このプランは月額あたりたったの900円と、非常にお得な金額で利用することができます。さらに容量の多いものだと月額1600円の5GBプラン、そしてその上を利用するなら10GBプラン、こちらは月額2800円となります。これら3つの中からより自分のネットの使用目的、頻度に応じたタイプを選んでいくといいでしょう。基本的にメールやネット閲覧程度であれば、まずは一番安い3GBプランから初めてみるのもいいかもしれません。
nifmo(ニフモ)のデータ通信はドコモが提供するLTEサービスにも対応しているので、格安スマホながら条件さえクリアしていれば高速通信でネットを楽しむことができます。もちろん、使用している端末がLTE対応であること、そして通信環境が整っていることが条件となりますが、それでも、毎月最安900円でこれらのサービスが活用できるのですから非常にお得な話です。

実際の通信速度と利用の際のメリット

では、このnifmo(ニフモ)、実際の通信速度はどの程度確保されているのでしょうか。よく格安スマホはホームページなどで宣伝されているほど通信速度は速くないといわれていますが、本当にそうなのか、実測値を比べてみましょう。
通常、格安スマホの多くは上り下り共に10Mbps以下、もしくは最高でその前後の数値というものが多いのですが、このnifmo(ニフモ)の場合は最低ラインで10Mbps、条件が良いケースだと最高で30Mbpsという驚異の数値を出したのです。この数値、格安スマホの中でも抜きんでています。もちろん、都会の場合と地方の場合とで多少の違いはあるかもしれません。ですが、より回線の混みやすいとされているお昼時や夕方以降の時間帯でも比較的安定した通信速度を誇っていることを考えると、相当優れたデータ通信だといえます。
もちろん、これからさらに格安SIMの需要が高まり、その影響で多少この数値も変動していく可能性もあります。ですが、もしこれから格安スマホに挑戦していきたい、もしくは安い中でもより状態の良いネット回線を確保したい、そんな人はこのnifmo(ニフモ)の利用を検討してみてはどうでしょうか。





niftylogo-earth

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です