おすすめ格安スマホ

 

おすすめ格安スマホ

データ通信専用で無制限

格安スマホでおすすめは

  • おすすめ格安スマホをご紹介。
  • たくさんある格安スマホからほんとにおすすめできる業者のみに絞ってます。
  • たくさんあってどれをえらでいいのかわからない人向けにおすすめ格安スマホをランキング。

child01_01_b_01
格安スマホ初心者
キャンペーンおすすめ
現在格安スマホは競争激化!顧客獲得のために魅力的なキャンペーンがたくさん実施されています。おすすめキャンペーンは下記になります。まずは各社のキャンペーン内容を把握した上で自分にあった格安スマホを選択してください。格安スマホおすすめキャンペーンランキング

●おすすめ1位

Y!mobile

・・・データ容量2倍キャンペーン

1_5楽天モバイル 5分かけ放題!!

ついにでました、格安スマホからかけ放題サービス。楽天モバイルなら5分以内の通話がかけ放題!!いまから格安スマホに乗り換えるなら断然おすすめは楽天モバイルです。

楽天モバイルは超お得!かけ放題!!

楽天モバイルを選ぶならぜひ楽天カードを作って、楽天カードから支払いをしてください。楽天ポイントが+1倍でたまりやすくなっています。

⇒ 楽天カード

 

2_5DMM mobile
通話SIMプランでは1GBで月額1,460円から

DMM mobileではバーストモードに対応しており、データ通信容量を超過した場合や、高速通信をOFFにしている場合には200kbpsの速度制限がかかりますが、DMM.mobileでは低速状態でもはじめの3秒間だけLTEと同等の高速通信を行うバーストモードにより、WEB閲覧が快適になります。

注目DMMmobileはなぜ注目なのか?

DMMmobileが提供する全プラン業界最安値です!!しかも月単位にプラン変更ができるのでどのプランが自分にあっているか迷っている人は一番安いプランを最初は選べばよい。通信料が足らなければ翌月からプラン変更すればよいのすごく親切なサービスです。

DMM mobile 業界最安値の全プランの詳細はこちらから

 

3_5UQmobile
データ高速+音声通はプラン月額1,680円

格安スマホの「 UQ mobile」。おトクなご契約プランばかりですが、安心のauネットワークを使用しています。データ通信量を気にせず使用できる無制限コースが大注目!!
2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

 

4_5u-mobile 1GB 790円~

U-mobileは、株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。運営会社はUSENから分離独立。社名と同じ名前のビデオ・オンデマンドサービス「U-NEXT」も展開している。U-mobileの魅力はその安さ。通話プラス LTE使い放題プラン 2,980円が人気。最新のiphoneやドコモ端末を含め、SIM動作確認端末はなんと100種類以上!驚きの安さ!LTE使い放題プランで通信料を気にせず安心して使える!従来のスマホと変わらない!同じ速度&エリアでつながるから快適!
U-mobile: ユーモバイル

 

格安スマホとは?

pic_lb_huawei-ascend-mate7_01

格安スマホとは
フリーsimに対応したスマートフォン、タブレットのことである。ドコモなどの回線を間借りし通信容量や通話時間が制限されたセットプランで、月々の支払いを一般料金に比べ安くスマートフォンを利用できるというものです。現在、次々と各社が参入しており、そのぶんプランも多様化している。当初はあまりスマートフォンを使わない利用者向けだったが今ではその他にも様々なニーズに対応できるようになっている。主に携帯電話を利用している、スマートフォンを持とうか迷っているという人の他にも、スマートフォンの支払い料金に対する節約方法としてもおすすめできる端末である。
利用者によって異なるメリット
一言に、一般的なスマートフォンと比較してどのようなメリットがあるか、と考えてもそれは利用者によって様々である。インターネットを主に使う人、電話を主に使う人、それぞれの利用者が月々の支払いを節約するためにはプランもことなってきます。しかし一般的なスマートフォンのプランを考えてみると主に主要3社のプランから選ばなければならずその種類には限りがあります。その中で利用者それぞれにぴったりあったプランを見つけるのは難しいです。一方で、格安スマートフォンを扱う会社は増えておりその会社ごとに様々なプランが存在します。次々と参入する格安スマホの中で特徴を持たせるために他社にはないプランを発表していきます。つまり、参入する会社が増えればその分プランは多様化するのです。
さまざまなプラン
例えば、インターネットを主に使う方ならば通話料金に対するプランが全く付いていない分通信容量が大きいプラン、もしくは通信容量が無制限のプランまであります。逆に通話を主に使う方ならば通話料金が10秒にたいして何円、などの料金がスタンダードなプランより安いものや、月々何分までは通話料金無料などのプランがあります。このようなプランは主要3社にもありますが、料金に細かい差があり、自分がどれだけ通話するかインターネットを利用するかによって最適なプランを選べるのが格安スマホです。
気軽にできる機種変更
Simフリーに対応したスマートフォン、タブレットなら簡単に機種を変更でき料金も発生しません。おしゃれのひとつとしてスマートフォンやタブレットを携帯したい方にはとっておきのメリットとなります。また、機種変更して主要3社の端末を利用する場合でもsimカードを残しておけば対応する端末の利用で、ここでも安く2台持ちすることも可能です。

SIMカードって何?

SIMカードって何?

SIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことです。 SIMカードの種類は、スマホ端末によって違うため、利用するスマホのSIMカードの形状がどれか確認する必要があります。
格安スマホとSIMカードセットの場合は気にしなくてよいですが、ばらばらに購入する、もしくは今現在もっているSIMフリーのスマホにさすためにSIMカードだけを購入する場合はスマホのSIMカードの形状を確認してください。

【標準SIMカード】
25mm×15mmの IC カード。
一般的なサイズで、多くのAndoroid端末、またiPhone 3G/3GSでも採用されています。
【microSIMカード】
標準SIMカードをひとまわり小さくしたものがmicroSIMカードです。
15mm×12mmと小型化されていますが、IC 部分の大きさは同じ。
このカードは iPhone 4/4S や 3G/LTE 回線に対応した初代iPad・iPad 2・第3世代iPad・第4世代iPad 等に採用されています。また、2012年以降のAndroid端末にも多く採用されています。
【nanoSIMカード】
microSIMカードをさらにひとまわり小さくしたものがnanoSIMカードです。12.3mm×8.8mmと標準SIMカードのほぼ半分の大きさです。こちらもIC 部分の大きさは同じ。
このカードが使われているのはiPhone5とLTE回線に対応したiPad miniです。

MVNOって何?

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」、日本語では「仮想移動体サービス事業者」のことです。 携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスをくわえて提供する企業のことです。 そのほとんどが携帯電話会社(Docomo、au)との直接契約よりも割安なモバイル通信サービスであることから、MVNOという言葉は「格安SIM」という意味合いで利用されています。
一言で言ってしまえばインターネットのプロバイダとほぼ同じです。自社でネット回線(携帯回線)を持たず、他社のインフラを利用してサービスを展開する通信事業者です。基本的に携帯電話会社より格安のサービスを提供しているので格安スマホを利用するにはこのMVNOの業者を選ぶ必要があります。当サイトのおすすめ格安スマホはすべてMVNOです。

格安スマホを選ぶときのポイントって何?

  • 通信速度

LTEを利用できる高速データ通信数百Mbps(200Mbps)等である場合、動画再生なども苦にならずに利用できます。しかし数百kbpsなどの場合は動画再生に使用するには通信速度が遅すぎます。普通にインターネットでホームページを見るぐらいなら苦にならずに利用できるので自分がスマホでどんな利用をするかによって高速データ通信のプランが必要なのか低速のプランでもよいのか判断する必要があります。

  • SMS

格安スマホの場合SMSを使用する場合は別途オプションに加入する必要があるプランがおおいです。全プラン対応している業者もあるのですが、SMS(LINEや、GREE、mobage)を利用する場合はSMS対応のプランなのか別途オプション料金を支払う必要があるのか見る必要があります。

  • データ通信専用SIMと音声通話対応SIM

その名のとおりデータ通信専用SIMの場合、インターネットは使用できますが電話は利用できません。音声通話対応SIMであればインターネットも電話も両方使えます。しかし基本的に音声通は対応SIMのほうが料金が高いです。電話として使用しないでSMSやインターネットだけで使用する場合はデータ通信専用SIMにすると携帯会社で契約するよりMVNOの格安スマホプランのほうがかなり安くなります。

データSIM
月1G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 660円
2 freetel mobile 670円
3 BB.exciteモバイル 750円
4 U-mobile 790円
5 mineo 850円
月2G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 770円
2 ASAHIネットLTE 800円
3 BB.exciteモバイル 870円
4 freetel mobile 880円
5 NifMo(ニフモ) 900円
5 BBIQスマホSIM d 900円
月3G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 850円
2 ワイヤレスゲート 852円
3 楽天モバイル 900円
4 IIJmio 900円
4 NifMo(ニフモ) 900円
月4G
順位 サービス 料金
1 NifMo(ニフモ) 900円
月5G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 1270円
2 ワイヤレスゲート 1278円
3 楽天モバイル 1450円
3 OCN モバイル ONE 1450円
5 U-mobile 1480円
月7G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2040円
2 freetel mobile 2480円
3 NifMo(ニフモ) 2800円
4 b-mobile X SIM 2980円
月8G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2140円
2 ワイヤレスゲート 2297円
3 BIGLOBE LTE・3G 2838円
月10G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2250円
2 楽天モバイル 2260円
3 IIJmio 2560円
4 hi-ho LTE 2838円
5 BIGLOBE LTE・3G 3790円
音声SIM
月1G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 1260円
2 freetel mobile 1270円
3 mineo 1460円
4 BIGLOBE LTE・3G 1600円
5 Y!mobile 2980円
月2G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 1470円
2 freetel mobile 1480円
3 mineo 1590円
4 NifMo(ニフモ) 1600円
4 BBIQスマホSIM d
月3G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 1550円
2 U-mobile 1580円
3 楽天モバイル 1600円
4 IIJmio 1600円
4 NifMo(ニフモ) 1600円
月4G
順位 サービス 料金
1 NifMo(ニフモ) 1600円
月5G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 1970円
2 U-mobile 1980円
3 楽天モバイル 2150円
3 OCN モバイル ONE 2150円
5 IIJmio 2220円
月7G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2740円
2 freetel mobile 2880円
3 NifMo(ニフモ) 3500円
4 Y!mobile 5980円
月8G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2840円
2 BIGLOBE LTE・3G 3738円
月10G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2950円
2 楽天モバイル 2960円
3 IIJmio 3260円
4 hi-ho LTE 3538円
5 BIGLOBE LTE・3G 4690円